メタボを学ぼう

糖尿病の前兆・自覚症状があるときはもう遅い?

いま日本だけではなく世界中で糖尿病患者が増えていると言われています。

 

2014年の厚生労働省における調査では日本糖尿病患者数男性176万8000人、女性140万1000人とされ3年前の調査数より全体で46万人増えていると言われています。

 

そして厚生労働省の2012年の調査では糖尿病が強く疑われる成人男女、つまり糖尿病予備軍と言われる人たちが950万人いると言われています。

 

そんな糖尿病予備軍の人はおそらく前兆や自覚症状があるのか心配になると思います。そこで前兆や自覚症状があると遅いのかを検証したいと思います。

 

糖尿病の前兆・自覚症状とは

スポンサードリンク


一般的な糖尿病になった時の前兆自覚症状

  • トイレの回数が増える・尿の量が多い
  • 疲れやすい
  • のどが渇く
  • 膀胱炎
  • むくむ
  • 体重減少
  • 性欲低下
  • 倦怠感

と様々な症状が現れてきます。

 

前兆・自覚症状はどのタイミングで出るのか

まず血糖値が空腹時119から124mg/dl以下、食後2時間たった時の血糖値が140以上200mg/dl未満を推移している人が糖尿病予備軍と言われ、血糖値が空腹時125mg/dl、食後2時間たった時に200mg/dl以上でHA1Cが6,5以上の人が糖尿病と診断されます。

 

関連記事   血糖値が高い時の症状あれこれ。これがあらわれると危険?

 

そして自覚症状が出るタイミングと言われるのが糖尿病と診断される空腹時125gm/dl以上、食後2時間たった時の血糖値200mg/dl以上、HA1Cが6,5以上の時に表れると言われています。

 

ですので上記の自覚症状や前兆が表れた時にはもう糖尿病と診断される状態の可能性が高いと言われているのです。

 

もう遅いの

ではそうなったときは本当に遅いのかというとまずは医師の診断を仰いで下さい。

 

それから何が遅いと判断なさっているのかはわかりませんが糖尿病は改善ができますので安心してください。

 

薬での治療や、食事療法、運動療法とありますので重篤な状態になる前にまず自覚があるときは早めに医師への診断に行ってください。

 

もしかしたら糖尿病ではないかもしれません。変に落ち込むよりまず医師の診断を。

 

関連記事

メタボ簡単運動・場違い脂肪を撃退!気軽に体幹を鍛える動画あり

血糖値を下げる食べ物や飲み物で糖質ダイエットを効率よく実行!

血糖値スパイク 食後眠いは危険な症状?予防方法をご紹介

 

 

 

スポンサードリンク


関連記事

  1. 糖尿病の初期症状と自覚症状をチェック!
  2. 血糖値を下げる食べ物や飲み物で糖質ダイエットを効率よく実行!
  3. 血糖値が下がる運動で自転車は大丈夫?
  4. 血糖値を下げる室内運動。楽しくできたり手軽にできたり
  5. 血糖値スパイク 食後眠いは危険な症状?予防方法をご紹介
  6. 炭水化物抜きダイエットは危険なのか?メリット・デメリットを知る
  7. メタボ簡単運動・場違い脂肪を撃退!気軽に体幹を鍛える動画あり
  8. ショウガオールの効能。電子レンジでの作り方・レシピ紹介。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料視聴情報

PAGE TOP