気になるニュース

血糖値を下げる食品 コーヒーは効果あるのか?糖尿病予防、改善に良い飲み方を調査

食べて飲んで血糖値を下げる効果のある食品はあります。

番茶は水出し茶にすることで血糖値を下げ、オクラは小さく切って水に浸すことで血糖値を下げる成分が抽出されると言います。

 

ではコーヒーはどんな効果があるのでしょうか?

私も眠気覚ましやリフレッシュしたい時に飲みますが効果的な飲み方や飲むタイミングを調査します。

 

コーヒーの効果

スポンサードリンク


コーヒーにはクロロゲン酸類と言われるポリフェノールが含まれていて

脂肪燃焼や食後血糖値の上昇を抑制する効果があると言われています。

2型糖尿病や心疾患、肝臓病などの予防に一日3~6杯飲むことを勧められている方もいらっしゃいます。

 

ただしアメリカの研究結果ではコーヒーのカフェインが食後の血糖上昇や血中インスリン上昇に強く関与していると言われていて

糖尿病を悪くすると言われているんです。

 

情報元      https://allabout.co.jp/gm/gc/300535/

 

糖尿病予防には良いが糖尿病患者には良くない?

この研究ではコーヒーは糖尿病を予防するが糖尿病になった人には飲むタイミングによっては悪化させるというんです。

この研究の指導者のジェイムズレイン教授によると

“健常者は食後1時間ほどでブドウ糖がきちんと代謝されますが2型糖尿病患者はそうではありません。

特に2型糖運用病の人が食事中にコーヒーを飲むと、血糖(ブドウ糖)やインスリン濃度の低下に時間がかかるようになります。”

という発言から糖尿病の予防には期待ができるが糖尿病患者が食事中飲むことは控えるべきだと言えましょう。

スポンサードリンク


 

では2型糖尿病患者はコーヒーを飲むべきではないのかというと、飲む時間、タイミングでは効果があらわれるようです。

 

いつ飲むのか

コーヒーを空腹時に飲むことでミトコンドリアという物質を活性化させると言われています。

そのミトコンドリアは糖の代謝を促し血糖値を下げると言われているんです。

 

情報元    http://www.daiwa-pharm.com/info/taira/757/

 

ですので2型糖尿病の人がコーヒーを飲むのであれば空腹時に飲む方がよいと言えるでしょう。

ただし砂糖などの糖分を入れずにブラックで飲んでください。

 

食後の血糖値、気にされていますか?

もうそろそろ本気で食後の血糖値のこと考えてみませんか?

今回は消費者庁許可 特定保健用食品<トクホ>

フィットライフコーヒーをご紹介させていただきます

明日からあれもこれもと血糖値を落とすために努力することは素晴らしいことですが

今まで染みついた生活習慣を簡単に変えるのは至難の業です

そこで今までコーヒーを飲んでいたあなたに食後の血糖値対策を手軽にサポートしてくれる

フィットライフコーヒーはいかがでしょうか?

フィットライフコーヒーには食物繊維として

難消化性デキストリンが含まれており食事に含まれる糖の吸収を穏やかにしてくれます

食事中でもよし食後の一服時に飲むもよし

コーヒーの味も93%の人が美味しい、普通と満足されています

今ならWEB初回限定で半額、2回目以降も25%オフとお得な定期コースをご用意!

コーヒーを飲む習慣がある人もない人も

トクホのフィットライフコーヒー始めてみませんか?

 

 

まとめ

今まではコーヒーはブラックであればいつでも飲んでもいいものだと思っていました。

このことでいつ飲むべきか分かったので眠気覚ましやリフレッシュに安心してコーヒーを飲めますね。

 

もっといろんなことを知って糖尿病の改善に役立てればと思います。

 

関連記事

血糖値を下げるには どうしたらいいですか?

血糖値を下げる何気ない日常行動や運動で肥満改善!

血糖値を下げる食品のお茶は水出し茶の方が効果あり!

スポンサードリンク


関連記事

  1. トランスヒューマニスト 人間の未来はどうなるの?
  2. ハムナプトラ2 黄金のピラミッドのフル映画動画を無料視聴!字幕と…
  3. 森本ナムアってどんな人?経歴・プロフ・動画あり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料視聴情報

PAGE TOP