気になるスポーツ

三原舞依の病気は難病?若年性特発性関節炎の症状と完治の可能性は?

本日フィギュアスケートの大会

【フィギュアスケート第一戦・スケートアメリカ】

が開催されているようですね。

 

女子ショートプログラムが行われたようで

現在日本の弱冠17歳三原舞依さんがトップと

3・75差の2に入っていることで話題のようです。

三原舞依さんは昨年難病の【若年性突発性関節炎

という病気を発症したようでどんな病気か

調べてみました。

 

三原舞依の病気は難病の若年性特発性関節炎

SponsoredLink




三原舞依さんの難病の病名が

若年性突発性関節炎と報道されていますが

正しくは若年性特発性関節炎です。

16歳以下の小児期に発症する原因不明の慢性関節炎と言われ小児の慢性関節炎の中でも最もよく起こりうる疾患の一つと数えられ以前は若年性関節リュウマチと呼ばれていました。

と言われるようです。

 

病名の中に特発性とありますが医学用語で

原因不明の意味でつかわれているようです。

 

どんな症状なのか

大きく分けて三原舞依さんが患った全身型と

関節型と分けられどちらも共通するのが

慢性的な関節の炎症があると言われています。

もともと日本では若年性慢性関節炎

とも呼ばれていました。

 

関節の炎症に伴う痛みだけではなく腫れや

赤ずんだリ熱を持ったり動かしにくいなどの

症状がみられるようです。

 

そして全身型と関節型とでは病気の原因や

業態が異なると考えられているようです。

 

主に免疫による反応や、生活環境において

受ける化学物質や放射線・電磁波・紫外線

などの体内の変化、遺伝的要因とも

考えられていますが詳しい原因は不明との

事だそうです。

SponsoredLink




治療方法は全身型と関節型では薬物療法の

異なりがあるようで三原舞依さんの全身型は

 

発熱などの全身症状をできるだけ抑え、病態をコントロールすることを目的に、副腎皮質ホルモン薬(ステロイド)が治療の中心になります。また、ステロイドをどうしても減量できない場合には免疫抑制薬のシクロスポリンが、関節炎が持続する場合にはメトトレキサート(MTX)などの抗リウマチ薬(DMARD)が併用されることもあります。そうした治療で症状が改善しない場合には、生物学的製剤が使われます

情報元  http://www.riumachi.jp/jia/cure/drug.html

 

若年性特発性関節炎は関節の炎症が続き

経過によっては関節の破壊や変形などの

重篤な関節障害を残す危険性がある

ようですので発見後は早期に適切な

治療を心がけるよう注意喚起が

なされているようです。

 

まとめ

若年性特発性関節炎という難病と闘った

三原舞依さん。

 

おそらく闘病生活は痛みを伴い苦しかった

と思います。

 

まだ若干17歳ですが病に負けずに優勝に向け

頑張って下さい

関連記事

  1. 西武・辻監督誕生!現役時代のエピソードを交えて紹介!
  2. シンフロ?シン風呂?のメンバーがかわいい!第2弾動画あり。応援す…
  3. 三原舞依さんのコーチは誰?高校やフリー曲のシンデレラの動画あり。…
  4. 市野瀬瞳の彼氏は日本ハムの大谷?結婚や身長・wiki風プロフ
  5. 山口裕次郎の入団拒否にはドラフトの順位による不安なのか?
  6. クィディッチが現実世界のプロリーグ・プレミアムリーグに。ルールや…
  7. 山口裕次郎の入団拒否の理由は?信義を通す立派な青年
  8. ダンスパートナー蹄葉炎で逝く。産駒・仔にはあの末脚は継がれたのか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP