メタボを学ぼう

悪玉コレステロールにお酒は禁物?メタボに合う美味しいおつまみもご紹介!

お酒は健康に悪いというイメージを
持たれている方が多いのではないか

と思いますが酒は百薬の長とも言いますし

最近の研究ではアルコールのメリットも

紹介されるようになりどのようにして

お酒とうまく付き合っていけばよいのか

をご紹介します。

SponsoredLink




 

悪玉コレステロールが増える原因とは

まず最初にお酒を飲んだからと言って

悪玉コレステロールが増えるは間違いなんです。

 

悪玉コレステロールは別名LDLコレステロール

と呼ばれ体内(主に肝臓)で約7割から8割が

生成され食事で残りを補っています。

ですのでコレステロールが高い食べ物を

食べたからと言いて悪玉コレステロールが

急激に増えることはないと言われています

 

気を付けるべきはコレステロール値が

低くても肝臓に影響を及ぼしLDLの

生成を促す飽和脂肪酸の過剰摂取を

避けることが賢明と言えます

 

<飽和脂肪酸を含み、コレステロール値を上げる食品>

※厚生労働省HPより抜粋

・脂の多い肉 ・チョコレート ・卵黄 ・即席麺
・ポテトチップ ・バターやチーズなどの乳脂肪分 ・これらの加工品

 

ただお酒飲みすぎると中性脂肪は

増えていきますので気を付けてください。

 

適量のお酒は良いと言われている原因は

適量のお酒は体内の血行をよくしストレスを

解消するなどのメリットがあると言われてます

 

更に善玉コレステロールを増やす働きが

あると言われています。

まだ完全には解明されていませんが

適量のお酒は善玉コレステロールの

合成、分泌の手助けをし分解を

抑制していると考えられているようです。

 

適量とは

お酒の一日の適量はビールならジョッキ一杯

(400ml)、日本酒一合、焼酎は水割りで

一杯、ワインならグラス2杯とされています。

 

一日とれるアルコールが20mlと言われて

ますので度数の低いビールは大目に

感じます。

 

だからと言って毎日飲むのではなく

週に2日は休肝日を設けることを

お勧めします。

 

おススメのおつまみは

不飽和脂肪酸を多く含む青魚で

イワシの煮つけ

サバの味噌煮

 

アルギン酸を多く含む海藻では

モズク酢

わかめときゅうりの酢の物

イワシの昆布巻き

 

SMCSを多く含む野菜では

ブロッコリーの塩ゆで

 

他にも冷奴や豆の煮ものなんかも

LDLを抑制する効果があると言われています。

 

〆の言葉

酒は百薬の長と言いますので適量飲めば

脳こうそくの発症リスクを抑えるとも

言われています。

 

適量が多いか少ないかは個人個人です

のであえて何も言いませんが

運動療法を取り入れて運動後の

一杯もいいのでは(笑)

 

キャベツもLDLを抑制してくれると

言います。ここ、福岡では

キャベツのうまかたれ

を付けると絶品ですよ。

 

関連記事

  1. 梅毒の原因と症状を男性と女性それぞれ究明!予防策は禁欲?
  2. 血糖値を下げる食べ物や飲み物で糖質ダイエットを効率よく実行!
  3. 血糖値が高い時の症状あれこれ。これがあらわれると危険?
  4. 人工膵臓【MiniMed 670G】が米国で認可。日本での認可は…
  5. 血糖値が下がる運動で自転車は大丈夫?
  6. 厚生労働省企画・監修のメタボリックシンドロームのパンフレット入手…
  7. 糖尿病の種類は?原因を解明。
  8. イヤホンガンガン伝言ゲームとは?一生抱える危険を伴う可能性大!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP