中高年が陥りやすい病気

血糖値スパイクとは?原因の追究と対策法について

メタボ世代真っただ中の私にとってまた聞き

覚えのない危険な言葉を発見しました。

血糖値スパイク

皆さんご存知でしたか?

スパイクと聞くと野球のシューズの裏の

突起物を思い浮かべますがまさにその通りの

ようで空腹時の血糖値と食後の血糖値を

グラフ化した際に普通はなだらかな山なりに

なるはずなのに急激に上がったり下がったり

と突起物のような折れ線グラフが浮き上がって

いるさまを言っているようです。

血糖値スパイクとは

別名グルコーススパイクとも呼ばれ食事で

糖質をたくさん撮ると直後の短い時間で

血糖値が急上昇して空腹時血糖値との差が

大きい状態を言います。

スポンサードリンク


例えば 空腹時血糖が100mg/dlのかたが

食後一時間で200mg/dlになる状態のこと

(通常は140mg/dlが正常値と言われています)

人は血糖値が上昇すると正常に戻そうと

インスリンを分泌するのですがその際に

急激に血糖値が上昇したらインスリンも

大量に分泌しその結果急激に血糖値を下げ

正常値より下がりすぎた際にまた再び戻す為に

血糖上昇ホルモンを分泌し始めこのように

血糖値が短時間の間に上下することが原因

と言われているようです。

 

なぜ危険なの

血糖値の急上昇は血管を傷付ける原因と

言われており以下のリスクを負うと言われています

血管の損傷

動脈硬化

メタボリックシンドローム

心筋梗塞

脳梗塞

血糖調整ホルモンの分泌器官の疲労(膵臓や副腎、甲状腺など)

自律神経失調症

などなど静かに進行していき慢性的に体調が

悪かったり疲労感が抜けないなどと

思ったら疑ったほうがいいと思います。

 

ただこの血糖値スパイクは糖尿病の方や

予備軍ばかりに起こるとは言えず正常な方

にも起こりうるともいわれております。

血縁の方に糖尿病の方がいらっしゃるので

あれば覚えていたほうがいいですよ。

例えばビュッフェやスイーツ食べ放題などの

炭水化物、砂糖などを多く含んだものを

たくさん摂った時に正常な方でも急激に

血糖値が上がり急激にインスリンを分泌する

ことで起こりうるといわれています。

時々スイーツなど大量に摂取した後急に眠く

なったりしてませんか?

そんな時体の中では血糖値スパイクが

起こっているかもしれません。

スポンサードリンク


 

対策方法とは

では血糖値スパイクに陥らないようにするため

にはどうしたらいいのかというと糖質を

多く含む高GI食品と言われる食材を大量に

摂取しないように心がけるといいと言われいます。

高GI食品は食べると食後の血糖値を急上昇

させると言われていますので。

 

ではどんな食品が高GI食品かと言われると

砂糖を含むスイーツ全般、イモ類や食パンなどの

薄力粉を使ったパン類。そして白米にも

多く含まれていると言われています。

引用元 このサイトを参照頂ければ詳しく載っております。

ただ白米は半量に減らし発芽玄米や五穀米などと

一緒に炊くことでリスクを減らせると言われて

おりパン類も全粒粉や強力粉で作ったものは

精製されていませんのでGI値は低いと

言われています。

 

そしてたんぱく質や脂質では血糖値が上がる

ことはありませんので今はやりの低糖質

ダイエットなどは利にかなっているのでは

ないでしょうか?

 

〆の言葉

私はこの尖った感じの痛々しい言葉の響きに

驚かされて調べてみましたがまた知らない

ことをたくさん知ることができ

まずは食事から見直していこうと思います。

 

知れば対策出来ることが分かりますので

皆さんも食事の見直しと軽い運動を日ごろ

から気を付けて楽しい人生を送ってくださいね。

 

関連記事

血糖値測定器で毎日針なしのフリースタイルリブレの販売や価格は?

血糖値スパイクの予防方法はこちら

一日2分で下半身や体幹を鍛え基礎代謝を上げる方法

SponsoredLink




関連記事

  1. 血糖値が下がる運動で自転車は大丈夫?
  2. 血糖値を下げる何気ない日常行動や運動で肥満改善!
  3. 血糖値測定器で毎日針なしのフリースタイルリブレの販売や価格は?
  4. 砂糖未使用チョコレートのカロリーや値段、口コミを調査。
  5. LDL(悪玉)コレステロールと中性脂肪が高い人は危険?原因や改善…
  6. 血糖値を下げる食品 コーヒーは効果あるのか?糖尿病予防、改善に良…
  7. 血糖値を上げる飲み物・食べ物。隠れ糖尿病の人は気を付けて
  8. 糖尿病の種類は?原因を解明。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP