健康の雑学 メタボ編

【慢性骨髄性白血病】癌になって一番困ったのは?癌の治療費と間違わない生命保険について

私が慢性骨髄性白血病と診断されて約3年半実際のところ何が困ったのか述べたいと思います

困ったことは?

以前にも書いておりますがまず私の場合は抗がん剤による副作用があげられます

 

私が治療に使っている抗がん剤の副作用はあまりにも多く個人によって現れる症状が違いますので一概には言えませんがやはり倦怠感が一番に挙げられます

SponsoredLink




そしてこの倦怠感が後々【癌になって一番困ったこと】に通じることになるんです

 

一番困ったことはお金です

この病気になって一番最初の説明で病気の概要、今後の治療方法に加えまず限度額適用認定証を申し込むように言われました

 

限度額適用認定証とは医療費が高額な場合、収入によって月ごとの支払い上限の限度額がきまりそれ以上の支払いを免除される制度で収入によって3段階に分けられます

 

その説明を聞いた私は初回の検査費が約4万かかったことに驚きすぐさま市役所に出向き申請を済ませることにしました

 

2度目の外来で病気が確定し処方箋をもらって薬による治療が始まるのですがその時にも担当医に限度額認定書のことを尋ねられその際にグリベックが一錠4000円ほどかかることを伝えられてびっくりしました

 

なぜ限度額認定書を早めに申し込むように言われたかというと薬をもらう際に支払う金額の上限が決まっていて最初に高額に支払う必要がないんです。

 

後から高額医療費の請求をすれば払いすぎた金額は返ってきますが毎回のように月に25万前後用意できるはずもないので本当に助かりました

 

ただしこの高額医療費の支払いにも落とし穴があり月に同じ病院で受けた治療費に対して適用されますが違う病気で違う病院に通院した場合はその治療費には適用されないというシステムがあるんです

 

私の場合はこの病気が見つかる前に違う病気で違う病院にかかっておりそのまま治療を進めていましたので同じ月に治療を行ったしても違う病気の分は免除されることはなかったんです

 

ですので私の場合は収入自体がさほど高かったわけではないので月に支払う金額は癌の病気の通院費と薬代通院費は一回に6000円前後薬代が限度額認定書が適用されて44000円(実際は月に25万前後)

通院費は後で請求すると返ってきますのでこの病気に関しては月44000円になり2か月に1回の通院で年間約50万

そして別の病気もかかっておりその治療費が3か月一回6000円ぐらいになりました

 

生命保険の間違わない選び方

私も癌保険には入っていてお見舞金という名目で100万円おりました

 

その金額を頂いたときには不謹慎にもラッキーくらいの感覚でしたが冒頭に述べたように副作用の【倦怠感】が徐々に私の体を蝕むようになり自営業でしたので収入が減っていき生活することもままならない状況に

慢性白血病の場合は手術をすることもないので最初に大きな金額がかかることはまずありません

しかし年間50万ほどの負担がかかりそれが今の日本の医療では半永久的に必要なんです

 

なぜ半永久的と表現したのかというと前回の癌のことについて書いたときにセカンドオピニオンのことを書きましたが

この慢性白血病という病気はスプリセルという薬を飲んでいる際にある条件を満たせば治験として薬を止めることができるんです

 

ということは薬代を支払わなくていいんです

 

ですので今回担当医にこのことを話したのですが今現在、日本では治験をやっておらず休薬はできないとのこと将来的には休薬を視野に入れての治療ができるかもしれないとの説明を受けました

(私的には「ふざくんな」という気持ちでいっぱいですが後々このことに関しては書かせていただきたいと思います)

 

ここで私的に癌の治療費について調べたのですが

rapture_20160909201553

引用元 がん保険の教科書

 

やはりそれぞれ癌によって治療費が違うようですし(白血病の治療費の高さに驚かされました)

治療方法によって公的保険に適用されない治療方法もあるようですので(最新治療は公的保険が適用されないことが

多いようです)

一概にこの生命保険を勧めますと断定できません

 

ただあなたが癌にかかった時のことが心配であれば先ずは生命保険会社の資料請求や



直接保険の専門家に尋ねたいのであれば無料の対面での相談方法もあります。

 

【保険相談Navi】



もちろん保険相談は無料で強引な勧誘をしないと謳っており顧客満足度が98%を超えるようであなたの保険選びの力になってくれると思います

 

〆の言葉

備えあれば患いなしと言いますが私の場合は母が生命保険を大病にかからないようにとお守り代わりに入りなさいと言われ簡単な生命保険に入りました。

 

癌が発見されて初年度に申請してお見舞金という名目で100万もらった時は有り難いねとは思いましたがやはり治療は一回だけじゃなく継続していくので先ほどはおススメの保険はないとは言いましたが掛け金が許されるなら最初に50万前後(手術費や入院費がかかる場合がありますので)継続として5年間で月5万前後の保証がついていると安心できると思います

 

日本では年間癌になる患者数が100万人を超える現代、対岸の火事とは思わずじっくりと今のあなたの状況にあった

保険選びをしてください

 

大病にならないように体をご自愛くださいね

SponsoredLink




関連記事

  1. 梅毒の原因と症状を男性と女性それぞれ究明!予防策は禁欲?
  2. メタボ簡単運動・一分で体幹が鍛えられる片足立ちダイエット
  3. 米国でトリクロサンとトリクロカルバンを含む抗菌石鹸販売禁止!日本…
  4. 大動脈二尖弁って?ノンスタ井上・心臓手術の危機!大動脈弁膜症も調…
  5. 慢性骨髄性白血病 ボシュリフの副作用 1か月使用してみて
  6. セカンドオピニオンのやり方や目的、費用は?実際相談してみた 慢性…
  7. 糖尿病薬の副作用とは何?太る・便秘・抜け毛・脳梗塞は本当?
  8. ディランリーダー さん28歳の若さで死去。死因は白血病とのこと。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP