アプリゲーム

我が天下 攻略 武将・部隊の配置方法

今回も心のメタボ解消ということでアプリゲーム【我が天下】の攻略です。

 

合戦の勝利を左右する一つに武将の配置があります。今回は実践的な方法から守備の際の注意しておく点のご紹介です。

 

攻撃時の武将の配置

SponsoredLink




基本このようなシミュレーションゲームやRPG系のゲームでは防御が高い武将を前にやって弱い武将を下げるというような方法がとることが多いですよね?

 

基本はそれでもよいとは思いますがもし勝てなくなったと思ったら主戦6人中、スキルが強力(広範囲ダメ大)な武将や攻城用の物理武将を後ろに置くという手もあります。

 

このゲームは前衛と後衛では城兵からの物理ダメージが違うことと敵武将からの通常物理ダメージは前衛しか受けないので後ろに主戦を置くことでフォース(スキル)をためる回数が増えることで合戦を優位に持っていけます。

もう一つ武将の通常攻撃は前衛にいても後衛にいても威力は変わらないので後ろに主戦を持って行ったからと言って相手に与えるダメは変わりません。

 

おススメ武将の孫乾・簡雍コンビ、麋竺・麋芳コンビは前衛に孫乾、麋芳を置くことで連携スキルが長く使えるようになります。

連携スキルは連携相手が戦場から離脱すると使えなくなるので回避能力や兵数、防御能力を加味したうえで孫乾、麋芳を前にやる方が良いでしょう。

このことを踏まえて諸葛瞻、厳顔、法正、張松、孫乾、簡雍で配置させるならこのように配置させています。

厳顔・法正 フォース1プラス

法正・張松 計略攻撃プラス

諸葛瞻・張松 攻略攻撃プラス

孫乾・簡雍  回避20%

孫乾・簡雍コンビは回避を上げることで長く戦場にいる確率を上げる。

その他4人はフォース1プラスは最初だけなので厳顔は前、法正、張松は計略攻撃・範囲にかけて上位武将なので生き残らせるために後ろ。

このように考えるとこのメンバーでは必然的にこのような配置になると思います。

 

守備の際に気を付けたい配置方法

守備の際にも武将を防衛に使うことができますが攻めるときのようによし今からくるから配置を整えるような機能はありません。

が、順番を考えて配置することで攻めるときのような配置ができます。

 

先ほどの6人の例を挙げると

兵を補充し適当に並べておきます。

一番上の順番ですとこのように並んで守備をしてしまいます。

できれば上のように自動で配置できるようにするには

前衛三人を3番目までもっていきその後ろに並べたい武将を順番に持っていくことで思い通りの配置になります。

武将はドラッグ&ドロップで移動できます。

 

ここで裏ワザというほどでもないですが弱い武将は相手からの攻撃に大ダメを受けますので基本兵を配備したくはないですが兵士1(最小)でおくことで合戦を長引かせ勝利を得る確率を上げることもできますし嫌がらせもできます(笑)

(やられるとイラッときます。ただ仕込もうと思うと案外兵士1は難しいので中途半端になってしまいますが(;´・ω・))

 

まとめ

武将の配置次第で戦局を変えることもできますので亭長時代に様々な配置を試してくださいね。県長・県令に上がった諸先輩方からは阿鼻叫喚の声が聞こえてきていますので(笑)

 

 

 

関連記事

我が天下 攻略 官職(県長)に上がるタイミングは?

我が天下 武器や防具、馬や護符 商店のかしこい使い方

我が天下 攻略 武将の成長とおすすめの青(レア)、緑(ノーマル)武将は? 蜀武将

我が天下 計略 降参の注意点

 

SponsoredLink




関連記事

  1. 我が天下 攻略 君主・武将の経験値の稼ぎ方
  2. 我が天下 攻略 降伏の注意点
  3. 我が天下 勝つため(負けない為)のコツを大胆レビュー
  4. 我が天下 局(ステージ)の序盤の進め方・攻略
  5. 我が天下  兵士を1にする裏技
  6. 我が天下 よくある質問(時間・経験値・繰り越しなどなど)にお答え…
  7. 我が天下 攻略 武将の成長とおすすめの青(レア)、緑(ノーマル)…
  8. 我が天下 攻略 防御の武将の使い方・おススメ武将

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP