気になるニュース

朴槿恵大統領弾劾案可決で今後はどうなる?

今日韓国では朴槿恵大統領の弾劾案の国会決議が開かれ圧倒的多数で(有効票数299表中234の賛成票)可決で決着しましたね。韓国国会ではあまりの大差にどよめきがおきるほどでしたが今後朴槿恵大統領はどのようになっていくのか調べていきたいと思います。

 

弾劾案の国会決議で朴槿恵大統領は今後どうなるの?

SponsoredLink




韓国史上まれな大統領の弾劾裁判、今まではノムヒョン元大統領のケースしかなく一概にこうだとは言えないようです。ですのでノムヒョン元大統領のケースから読み解くとまず朴槿恵大統領は大統領の権限をなくします。

 

権限をなくすことで大統領としての職務は停止されます。あくまでも職務権限をはく奪されたわけではなく今後の裁判いかんでは復職もありうるようです。ですので今のところ朴槿恵は大統領の地位はあるようで今住んでいる大統領官邸から出ていくわけでもなく大統領警護が解かれるわけでもないようです。

 

給料も固定給と呼ばれるものはもらえるようですが日本でいうところの政務活動費はもらえないようです。外出の制限もないようですがノムヒョン元大統領は約2か月後に行われた憲法裁判に出かけただけですのでやはりあまり外出するということは自粛されるのではないでしょうか?

 

SponsoredLink




今後の流れ

まずは朴槿恵大統領が即時退陣の意向を示すことでこの騒動は治まるかもしれませんが即時退陣の意思は今のところないようです。

 

ですので今後憲法裁判所において180日以内で朴槿恵大統領の弾劾裁判が行われます。裁判が行われるからと言って朴槿恵大統領の罷免が可決されるというのが決まったわけではないようです。ノムヒョン元大統領の場合は約2か月後否決され大統領の職務に復帰されています。

 

その裁判では裁判員が9人おりそのうち6人が賛成することで弾劾訴追案は可決されるようです。しかしその9人のうち1月一人、3月に一人が任期により辞めるようでその任期内で裁判が結審されないようであれば7人中6人の賛成が必要なようです。

だったらまた任命すればよいと思われるかもしれませんがぞの裁判員の任命権は大統領にしかなくその権限を持っているのは現大統領の朴槿恵しか持っていないので権限を持たない大統領には職務を行う権限がなく任命されることはないだろうと言われています。

 

その後可決されると60日以内に大統領選挙が行われる流れのようです。だからと言って先ほども伝えたように3月に入ると7人中6人の可決が必要となってきますしノムヒョン元大統領の場合は否決されている事実もありますので今後どうなるかはまだわからないようです。

 

今後、最長6カ月後には韓国大統領がどうなるのかはわかりますがノムヒョン元大統領のように2カ月というスピード結審が望まれるようです。結審を早めに行わないことには大統領の代わりとして大統領業務を行う首相には大統領の権限を持たないので今後行われない国事もあるようです。今年行われる予定であった日米韓の三者首脳会談は行われないようでもう国事に支障が起きています。

 

また結審の時間が長引くことで世論の風潮もどうなるかわかりませんので早めの結審が望まれているようです。

 

 

関連記事

韓国次期大統領は誰?潘基文?文在寅?それとも李在明?

李在明(イ・ジェミョン)次期大統領候補の発言がトランプ並みで面白い。家族や学歴、経歴を調査

SponsoredLink




関連記事

  1. 高畑裕太の犯行後の行動が恐ろしすぎる!実刑は何年?!
  2. 大嘗祭(だいじょうさい)・皇位継承の謎?2018年のいつ頃か?場…
  3. 逃げ恥第2話 古田新太のぐわしポーズ?梅津かずお先生をオマージュ…
  4. リャオ・レンレイ投手 台湾人?高校が日本のためドラフト入りできた…
  5. 生田佳那のwki風プロフ・生田佳那さんと乗れる飛鳥交通のエリアは…
  6. 焼肉酒家えびすの元社長 勘坂康弘氏の現在は?【ユッケ集団食中毒事…
  7. 右肩関節唇損傷の症状とは?野球選手の完治は難しい?
  8. 土人発言の大阪府警機動隊動画やツイッターの反応がやばい【動画あり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP