ダイエットに効果のある食材

キャベツの栄養をベストに取れる食べ方。血糖値やダイエットの観点から調査

身近な野菜の一つにキャベツがあります。スーパーには一年中並び価格も天候不順の時期や災害などで被害をこうむることがありますがそれでも安価に手に入る野菜の一つと言えます。

 

お昼時にはとんかつや揚げ物の横にたっぷりと添えてあったり、寒い時期にはちゃんぽんの中に具沢山と入っています。

 

そんなキャベツにはいろいろな栄養が入っていて血糖値の抑制やダイエットに良いことを知っていますか?そんなキャベツの驚きの効能をどういう風に調理して食べればよいのかも調査します。

 

キャベツとは

SponsoredLink




キャベツはアブラナ科アブラナ属の多年草(複数年生存できる)ですが野菜として使われることで一年生植物として扱われることがほとんどです。

英語ではcabbageといい名前の由来としてはフランス語のcaboche(頭)からきているようです。頭に似ているからですかね?ちなみにフランス語のキャベツはchou(シュー)、シュークリームのシューですね。

キャベツと同じ原種としてはブロッコリーやカリフラワー、ケールがあります。

 

キャベツの栄養や効能

キャベツには豊富なビタミンやミネラルが含んでおり食物繊維も豊富と言えます。

 

ビタミンU

キャベツの豊富なビタミンの中に聞きなれないビタミンUという成分があります。このビタミンUはキャベツから発見された成分で別名【キャベジン】と呼ばれていて消化性潰瘍を防止すると言われています。

 

おそらく【キャベジン】と聞くとあの胃腸薬を思い出すと思いますがこの別名から取り入れられているようです。ですのでこのビタミンUには胃腸を健康に保つ働きがあり胃潰瘍や十二指腸潰瘍を予防できると言われています。英語の潰瘍(ulcer)の頭文字からビタミンUと名付けられました。

 

ビタミンUはもともと人体には存在しない成分ですのではっきりとした欠乏症(なければ困る)がないので必須栄養素ではないので必ず取らなければならないわけではないですが胃腸や肝機能への働きが明らかになっているということで摂取した方が良い成分と言えましょう。

 

ただこのビタミンUを摂取したい場合は生で食べてください。ビタミンUは熱に弱いと言われていますので。さらに水溶性ですのであまり洗いすぎると流れ落ちることが考えられますので長く水にさらさないことです。

SponsoredLink




ビタミンC

キャベツの中には意外とビタミンCが多く含まれているんです。ビタミンCと聞くと酸っぱいイメージがありますがビタミンC自体には味がないんです。ちょっと驚きでしたが(私的だけでしょうか?)

 

このキャベツに含まれるビタミンCは100g中44㎎も含まれていて大人一人の摂取量からすれば約4分の1玉で十分な量と言えます。キャベツの千切り2回分ぐらいですかね。

 

ビタミンCは免疫力の向上や抗酸化作用が強いと言われていて活性酸素の分解に役立つようです。ですので発がん性物質の生成を抑えたりアンチエイジング効果があると言われています。

 

またビタミンCを摂取するためには生のままとる方が良いと言われていますのでサラダなどで召し上がるのがベストだと思います。

 

カリウム

カリウムはバナナの記事でもご紹介しましたが塩分摂取が過剰な現代人にはとっても必要な栄養素と言えましょう。

 

関連記事    血糖値を下げる食べ物としてバナナは効果あり?

 

カリウムは利尿作用に優れ余分に摂取したナトリウムを体外に排出し高血圧の改善に効果があると言われています。

 

更にインスリンの働きをよくしてくれるので血糖値の上昇を抑制してくれるとも言います。

 

ジアスターゼ

キャベツにはジアスターゼという物質が含まれておりこのジアスターゼが働くことで消化を助け、胃もたれや胃酸過多、胸やけなどに効果があります。ですのでよくとんかつや油っこい物の横に添えられることがあります。

 

ベストな食べ方について 糖尿業・ダイエット

キャベツは生で食べてよし炒めて食べてよし煮込んで食べても美味しい食材です。ダイエットや糖尿病(血糖値)から見るとどのような食べ方が一番良いのでしょうか

 

キャベツは食前に生でとることにより咀嚼回数が増え満腹中枢を刺激し少ないカロリーでも満足すると言われているんです。さらに胃腸にも良い成分が含まれていますし食物繊維が腸での糖の吸収を穏やかにしてくれますので糖尿病予防や改善にも最適な方法と言えましょう。

 

ただその際にはドレッシングに気を付けるべきでしょう。カロリーが高いからと言ってノンオイルドレッシングを選ぶ人が増えていますがノンオイルドレッシングの糖質と塩分は気を付けて召し上がった方がよろしいようです。

油の代わりに満足させるために塩分や糖質を大目に使っている場合がありますので。

 

まとめ

私も食前キャベツは実践している方法です。前回のHba1cの数値と悪玉コレステロール値、善玉コレステロール値の改善が見られたので今後も続けようと思います。

 

私はお酢と薄口しょうゆをたらすだけで食べてますがとてもおいしく感じられ続けています。皆さんも自分の好きな食べ方でキャベツをうまく摂取してください。スムージーにするのも良いらしいですよ。

 

関連記事

金スマ 作り置きダイエット レシピ 油揚げピザ 厚揚げ牛肉巻き スーパーヨーグルト 豚肉のベーコンチーズ蒸し 鶏肉のトマトクリーム煮 柳澤流 お好み焼き 完結編

糖尿病 食べてはいけない物 飲んではいけない物 控えたほうが良い食べ物

生姜ココアの口コミや効果は出た?作り方やレシピも紹介!

 

SponsoredLink




関連記事

  1. 血糖値を下げる食品のお茶は水出し茶の方が効果あり!
  2. ヒハツ の効果・効能や副作用は?薬の効果を高めるの?
  3. マイタケダイエット方法の効果や痩せた口コミを調査。テレビでの効果…
  4. 血糖値を下げる食べ物 オクラ レシピも掲載
  5. 血糖値を下げる食べ物。白ネギの効能と効果。
  6. 冷たいご飯は太らない?血糖値の上昇を抑えるレシピ・レジスタントス…
  7. 温かいソフトクリーム【ホットクリーム】って?レンチンできるソフト…
  8. マイナスカロリーダイエットは嘘?口コミや食材、方法から検証!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP